髪の毛のライフサイクル

サイトマップ

1.「毛乳頭」及び「毛母細胞」とは

髪の毛のライフサイクルを説明するには、「毛乳頭」が大きく影響します。

若ハゲを気になってくると、髪の毛に関係する諸々の情報に過剰に反応してしまいます。

育毛剤・増毛剤などの宣伝でよく髪の毛のライフサイクルの説明に使われるので「毛乳頭」という言葉を知っている方は多いと思います。

「毛乳頭」を取り囲むようにあるのが「毛母細胞」です。

じつはこの「毛乳頭」及び「毛母細胞」が発毛・脱毛・抜け毛に大きく関係しているのです。

「毛母細胞」は、「毛乳頭」から栄養などを受け取り、それを栄養として頻繁に細胞分裂し、髪の毛が成長していきます。
また、頭皮の「毛乳頭」に栄養を送り届けるのが血液の役目です。

従って、「毛母細胞」の活発になればなるほど、髪の毛が正常に生えてくるのです。

ですから、頭皮の血行をよくして、「毛乳頭」に栄養がしみ込ませることが重要なのです。

これらにより、血行を促進し、「毛乳頭」を刺激し活発にすることが、脱毛・抜け毛予防になるのです。


2.髪の毛のライフサイクルとは

髪の毛には成長期、休止期、退行期という3つのサイクルに分類されます。
そのサイクルの違いは、「孟母細胞」の分裂の頻度が異なる点です。

@成長期には孟母細胞が活性化しているため、髪の毛がどんどんと生えてきます。
A休止期になると成長は止まります。
B退行期に逆に髪の毛が抜けるのです。

これは木の葉と同じライフサイクルと同じと考えていいですね。

そのサイクルが1回終了すると、また次の髪の毛が成長期になり、また同じサイクルを繰り返します。

しかし、何らかの原因で「毛乳頭」に栄養が回らなくなってくると、正常な髪の毛のサイクルが崩れて、
髪の毛が育つ前から抜けてしまう現象が発生します。
成長する前に抜けてしまい、抜け毛の量が多くなり、髪の毛の量はどんどん減っていきます。

これが続くと、脱毛・抜け毛がどんどん進み、やがてはハゲ・薄毛になってきます。

ですから、抜け毛が増えて、ハゲ・薄毛の傾向を察知したら、なるべく早く対策が必要になります。
なんでも、早期発見・早期対策が重要なのです。







「髪の毛のライフサイクルと抜け毛のメカニズム」について

髪の毛のライフサイクルと抜け毛のメカニズムについて解説します。

金融庁が導入